クラビット錠はドラッグストアにあるの?

クラビット錠はドラッグストアでは買えない

クラビット錠が市販されているのであれば、ドラッグストアで簡単に買えるのですがそういうわけにはいきません。ですが、病院で診察を受けて処方してもらうのにもまとまった時間が必要ですから忙しいとなかなか難しいでしょう。なんとか時間をかけずに、簡単に手に入れる方法はないのでしょうか。

 

クラビット錠はドラッグストア以外の場所で買える?

ドラッグストアには風邪薬をはじめとした内服薬、塗り薬のような外用薬、などのバリエーション豊富な薬が所狭しと陳列されています。しかし、この大量の炊く品は全て市販薬ですから、クラビット錠はとり扱われていません。クラビット錠は入手に医師の処方箋が必要な薬だからです。

 

クラビット錠のような抗生物質(抗菌薬)は処方医薬品に分類される薬品です。処方医薬品は許可を得ていない一般人は取り扱うことはできません。事前に都道府県知事からの許可を得ておく必要があります。

 

クラビット錠を手に入れる為には処方箋を書いてもらわなければなりません。その為にはまずは医師の診察を受けましょう。クラビット錠を何の目的もなくただ「欲しい」と思っている人はいないでしょう。何かの病気にかかっていてそれを治療したいと思っているでしょうから、気管支炎であれば呼吸器科を、膀胱炎であれば泌尿器科といった現在の自分の病気に合った科を受診するようにしましょう。治療にクラビット錠が必要であれば医師は処方してくれます。

 

なので、クラビットを手に入れたいのであればドラッグストアを訪ねるのではなく、病院へ行くことの方が近道です。しかし、時間が取れなくて病院にはいけない、病院に行くのはあまり気が向かない、というようにハードルがある人はなかなか病院に行きづらいと思います。

 

クラビット錠は個人輸入代行で簡単に入手

ドラッグストアでは売っていませんが、個人輸入代行業者を使えば手間をかけずにクラビット錠を手に入れることが可能です。クラビット錠が欲しければ基本的には病院で処方してもらうほかありませんが、輸入代行なら手に入るのです。

 

輸入代行ならば病院で診察してもらう必要はありませんから、時間もかかりませんし診察代を払う必要もありません。ネットで買い物をする位の手間ですから特に難しいこともありません。その上ジェネリックを使えば薬代も大幅にカットできます。

 

輸入代行業者と言ってもどこを使えばいいのかわからないと思いますのでオススメの業者をご紹介します。

 

調査した結果、オオサカ堂の1錠あたり30.5円が最も安い価格になります。とにかく安くクラビット錠を買いたければオオサカ堂がいいでしょう。
※価格はクラビット錠250mg1箱100錠入りの場合

 

この値段は1箱ずつ買った時の値段です。もっと安く欲しいということであればまとめ買いがいいでしょう。しかし、使ったこともない薬を大量買いというのもなんですから、初回は1箱買ってもしも気に入ったならば次回以降はお得な複数買いです。お得に買えたからと言って大量服用はせずに用法用量はきちんと守りましょう。

 

また、安くなくてもいいから一刻も早く治療したい、1日でも早く届けてほしいという方もいると思います。そういう方にはベストケンコーをおすすめします。ベストケンコーなら最速4日で届きます。

 

→クラビット錠の安い通販方法ガイド

 

↑のサイトでは、クラビットを一番安く買う方法が解説されています。クラビットの効果や副作用などについても詳しく書かれているので、一度見てみてください。

 

タイ(バンコク)などの外国のドラッグストアでクラビット錠は手に入る?

クラビット錠は個人輸入で入手できることから察した方もいるかもしれませんが、一部の国では普通に購入できます。タイ(バンコク)はクラビット錠やそのジェネリックが売られていますし、香港やシンガポールではクラビット錠のジェネリックが販売されています。売っている場所も特別な場所ではなく、ごくふつうのドラッグストアです。

 

海外に行って気をつけたいのは食事、特に水です。日本人の体質に合わなかったり、衛生状態の関係で食あたりにかかることも多くなっています。海外旅行ではまず食事の前にクラビット錠かそのジェネリックを探しておくのもいいかもしれません。慣れない外国で食あたりになってから薬を探そうとしても難しいです。ここで気をつけたいのは偽物の存在です。海外では偽物の薬品がかなり出回っており、中には命の危険があるようなタチの悪いものもあります。

 

個人で使用するのであれば、海外のドラッグストアで買った薬品を日本国内に持ち込めます。これは形は変わっていますが、個人輸入の1パターンです。しかし、個人輸入には変わりませんので、色々と面倒な手続きが必要になってきます。これが嫌であれば現地で買った薬の余りは持ち込まず破棄してしまうのも一つの手です。

 

手続き自体はクリアしていても、空港で係員に薬についてしつこく訪ねられることもあります。その時は即座にどのような薬か応えられるようにしておいてください。また誤解を避けるために包装シートから出した状態にしておくのはやめましょう。言葉の通じる日本であればすぐ弁解できますが、外国であれば禁止薬物を持ち込もうとしているのではないか? といったもめごとに発展する可能性もあります。包装したままであれば、すぐにどんな薬かわかりやすいですし、相手もすぐに納得してくれるでしょう。

 

クラビット錠はこんな薬

クラビット錠は細菌感染によって引き起こされる感染症を治療するための抗菌薬で、一般名をレボフロキサシンといいます。細菌が引き起こす感染症には膀胱炎や肺炎、中耳炎などがありますが、クラビット錠はこれらの感染症に有効なニューキノロン系抗菌薬ということになり、選択的に標的となる細菌を死滅させる効果を持ちます。

 

私たちの皮膚の表面や体内にも無数の細菌が生息していますが、クラビット錠などの抗菌薬は生体の細胞に対しては薬効を示すことはなく選択的に毒性を持つ細菌に働きかける作用があります。細菌が増殖するためには細胞分裂をくり返していく必要がありますが、細胞分裂の際にはDNAの複製が必要であり、これに重要な酵素としてDNAジャイレースというものがあります。

 

DNAジャイレースは二重らせん構造を持つDNAの遺伝子情報を読み取りやすくする役割を持つため、この働きを阻害することによりDNAの複製、あるいは細胞分裂を防ぐことができるというわけです。クラビット錠はこのDNAジャイレースに直接働きかけることでDNAの合成を阻害させます。またクラビット錠はその大部分が尿とともに排泄されるため尿路感染症に対しても有効な薬剤となります。